Bリーグ初観戦!~チケット購入編~

 

B.LEAGUE誕生!

 

プロ化の意見の違いからNBLとbjリーグに分裂された状態が長く続いたバスケットボール界。統合されてB.LEAGUEが誕生し、開幕戦はド派手な演出がテレビ中継され、注目を集めましたね。サッカーや野球の観戦よりも、距離が近く展開も早いバスケットボール。ちょっと気になる方のために、観戦して気づいたことをシェアします

ポイント

  1. ★試合日程の確認と座席選び、入場まで~まずは公式アプリダウンロード
  2. ★座席選び~自由席には意外なメリットが!
  3. ★大阪にお住いの方は「京都ハンナリーズ」も検討を~

 

試合日程の確認と座席選び、入場まで~まずは公式アプリダウンロード

 

スマホが利用できる方は、試合日程選びからチケット購入、当日の入場までをスムーズにしてくれる公式アプリをまずはダウンロードすることをおススメします。詳しくは利用ガイドをご覧ください。チケット購入はアプリなしで可能ですが、入場時にはアプリがあると楽チンになります

アプリをダウンロードすると、試合日程がカレンダー表示で確認できます。アプリを入れない派の方は、こちら

「Bリーグスマホチケット」で購入すると、わざわざコンビニで発券する必要もなく、そのまま入場できます。入場時は公式スマホアプリを起動して、以下の画像のようなチケット画面を表示するだけでOKです。ということもあり、スマホアプリのダウンロードをおススメします。

B.League ticket
B.League ticket

 

座席選び~自由席には意外なメリットが!

 

バスケットの魅力は「圧倒的に近くで観られること」です!野球やサッカーだと、選手の顔も識別できない距離ですが、バスケなら背番号を見なくとも誰がシュートしたのか一目瞭然。この迫力を体感したいなら、2階席よりも1階席を選びましょう

さらに、座席は大きく分けて2種類あります。真ん中かゴール近くかです。真ん中の方が値段が高いです。ゴール近くの座席の場合、自分から離れたゴールでのプレイはやや迫力に欠けます。でも、バスケは攻守の切り替えが1分程度で繰り返されるスポーツなので、ゴール近くの座席でも飽きることはないでしょう!

たいていの会場では「指定席」「自由席」があり、当然「指定席の方が値段が高く、良い座席」ということで、指定席は真ん中の方にあります。でも、あえて「自由席」をおススメしてみます。というのも、「自由」な席ですから、ハーフタイムでコートチェンジする際に「座席移動も自由」なのです

そこで、あざりすの見解としては、「Bリーグ初観戦の方は、1階の自由席を購入し、自分が応援するチームが攻める方向のゴール側の席に座る」のをおススメします。攻守の方向が分からない方は、会場のスタッフに教えてもらいましょう。会場によって値段は違いますが、1階自由席なら約2000円で購入可能。大阪エヴェッサの試合を観に行きましたが、自由席には多少余裕があり、この方法で購入しても問題なさそうです。

 

大阪にお住いの方は「京都ハンナリーズ」も検討を~

交通アクセス面では「大阪エヴェッサ」より「京都ハンナリーズ」の方が近いかもしれませんよ!大阪エヴェッサのホームグラウンドである「府民共済SUPERアリーナ」は舞洲にあり、JR環状線「西九条駅」からさらにバスで35分かかります。車がない方には少し不便な場所にあります。詳しくは「交通アクセス」を確認ください。

それに対し、「京都ハンナリーズ」のホーム「ハンナリーズアリーナ」は阪急京都線「西京極駅」から徒歩約10分です。梅田駅から西京極駅まで38分なので、阪急沿線にお住まいの方なら京都ハンナリーズの方が近い可能性大です! 会場は日程によっては同じ京都ホーム戦でも舞鶴など別の場所にある場合もありますから、ご注意くださいね~。

Bリーグに興味のある方は、下のボタンをポチッとクリックをお願いします。ほかのBリーグ関連ブログも閲覧できます!

にほんブログ村 その他スポーツブログ Bリーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
ブログランキング参加中です(切迫早産ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です