アザラシの妊活レシピ☆<みかん果汁サラダ、マクロビ野菜納豆丼>

今まで卵胞すくすくレシピを採用していましたが、高温期に突入ということで、取り入れる栄養素を見直しました 今回のレシピと高温期に注目の食材と作り方のコツについてまとめます!

みかん果汁ドレッシングの水菜サラダ

みかんサラダ
みかんサラダ

水菜

 

  • 水菜にはビタミンCがたっぷり。ビタミンCは胎児の(脳など)の発育を助けます。また、風邪を引きやすいごまアザラシの元気を取り戻します。
  • ビタミンCは熱に弱いので、サラダでとるのが効率的。
  • 本家レシピの「キャベツ」の代用(冬のキャベツは魅力がない・・)として、冬の「京野菜」である水菜をチョイス!シャキシャキした触感とほのかな苦味を生食で楽しむ!生食なので、よく洗いましょう!

みかん

本家レシピにあるように、半分は果汁を絞る用で、半分は粒をとる用です。粒をとる方は、薄皮をはがすのですが、ちょっと工夫が必要。写真の矢印から皮を割いて、その次に背中の皮をはがすと簡単。

みかん
みかんの薄皮むき

 

マクロビ野菜納豆丼

 

  1. 納豆
    • 納豆に含まれるイソフラボンは、高温期に子宮内膜をふかふかベッドにしてくれます。
  2. 玄米
    • 玄米に含まれるビタミンEは黄体ホルモンの材料になります。また、玄米にはミネラル・食物繊維が豊富。
  3. 味付け・分量
    • このレシピ、たぶん2人用です。書いてないけど。本家レシピでは、醤油のみで味付けしていますが、少し物足りないので、みりん・酢を小さじ1ずつと、食べてみて味が足りなかったので大きいスプーン1杯のポン酢を足しました。

妻・リスの食べた感想

水菜とみかんの相性が思った以上に抜群でした!さっぱりといくらでも食べられるサラダです。ごまあざらしも自画自賛でリピ確定のようですw

私は結構納豆丼が気に入りました☆具沢山でねばねばが良い感じです。ポン酢をかけても美味しかったまた作ってね

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です