京都ハンナリーズと大阪エヴェッサを今夜比べてみました~

バスケットボールのBリーグ、京都ハンナリーズ観戦を初体験した感想を、前回の大阪エヴェッサとの比較を交えながら紹介したいと思います。

試合会場について

『京都ハンナリーズの潜在的なカバーエリアは京阪神かも説』を検証

関西にはB1リーグに所属するチームが京都・大阪・滋賀にありますが、大阪エヴェッサの交通アクセスを考えると、意外と京都に近い人が多いのではという説が浮上したので、検証してみます。

検証方法:土日祝の時刻表、13:00着予定と設定(yahoo路線で最短所要時間を検索)

大阪エヴェッサ→バス停:府民共済SUPERアリーナ前より徒歩すぐ

京都ハンナリーズ→阪急西京極駅より徒歩15分

上記にて比較した結果が以下の図です。※数字は所要時間(分)です。

京都と大阪の交通アクセス比較
京都と大阪の交通アクセス比較

・梅田/大阪駅からだと大阪へ行く方が約20分近い。
・阪急京都線での境界は十三駅、京阪での境界は枚方市駅。
・阪急西宮北口、宝塚、千里中央からだと大阪の方が近いけど、その差は10分以内。

ということが判明!阪急沿線なら神戸方面の方でも電車の乗り継ぎなど考えると京都の方が行きやすいのでは?と思ったりw 個人的にはバスは時間通りに来なかったり、時間によっては満員で1本見送ることにもなりかねないので、最寄り駅から徒歩圏内で行ける場所にある方が良いかなと思いました。

ということで、京都ハンナリーズの潜在的なカバーエリアは京阪神かも説が立証されました。

『座席』は大阪の方がええねん説を検証

 

検証方法:2500円以内で購入できる席を比較

<大阪エヴェッサの座席表>

赤く塗りつぶされているのが2500円以下で購入できる座席。「B」が付いているのがブースターエリア。(※2階自由席は2000円です)

大阪エヴェッサ座席
大阪エヴェッサ座席

<京都ハンナリーズの座席表>

赤く塗りつぶされているのが2500円以下で購入できる座席。3000円の座席は黄色く塗りつぶした。(※2階自由席は2000円です)

京都ハンナリーズの座席表
京都ハンナリーズの座席表

大阪→ブースターエリア(2300円)という自由席枠が多い

京都→2500円以内の座席は2階席(2000円)と1階自由席(2500円)+α(一部指定席)のみ。3000円出せば、購入可能な選択肢も増える感じ(黄色く塗りつぶしたエリア)。

印象としては、京都の方が500円ほど高く設定されているみたいです。大阪の方が会場が広かった気もするので、京都の2階席はそんなに離れていない説も浮上中です。また、京都の1階自由席は、なんとパイプ椅子でした。。。

京都ハンナリーズ1階自由席
京都ハンナリーズ1階自由席

ざっと比較した結果としては、「『座席』は大阪の方がええねん説」は立証されたようです。大阪人の金に厳しい気質を反映しているのかもしれませんね。ただ、交通費との兼ね合いで考えると、京都も僅差にまで迫ってくるかもしれません。京都で予算を抑えたい人は、2階自由席も検討ください。

会場の雰囲気・応援について

京都は甲子園に似てる説

大阪と京都で一番の違いを感じたのはファンの応援!大阪ではマイクで応援を誘導するMCがいて、MCの掛け声とテンポよく切り換わるBGMに合わせて皆さん応援している感じだったのですが、京都では1階自由席の後ろの2階席の一角に熱狂的なファンがいて、その人たちが観客全体を誘導して掛け声している感じです。MCやBGMは控え目でした。京都の選手がミスするとヤジを飛ばす(「しっかりせぇや!)、相手の選手がフリーシュートを行う時は思いっきりブーイングしつつ水色タオルを振り回すなど・・・私は個人的にプロ野球の阪神タイガースの甲子園球場に来たような感覚でしたw

応援の掛け声は京都の方がシンプルですね。大阪は掛け声のパターンが何種類かあってすぐに覚えられなかったのですが、京都は結構シンプルで、「GO!京都!ハンナリーズ!」というフレーズとリズムに合わせて手拍子すればOKなぐらいです。バスケットボールは攻めと守りの入れ替わりが頻繁でゲーム展開が速いので応援がシンプルな方がゲームに集中できるし楽しいです。

プレースタイルについて

大阪エヴェッサ VS 京都ハンナリーズの試合を観戦した時に、京都ハンナリーズのプレーの方に好印象を抱いたので、大阪から京都に寝返ったのですが、何が違ったのか探ってみます。(※2016/12/11時点のBリーグ公式ページのデータを利用)

京都はファールが多い説

ファールの数については、大阪=411に対して、京都=452ということで、やはり京都の方がファールが多いようです。被ファール数も京都の方が多く、試合全体で接触プレーが多いようです。これはマイナスポイントですね。

大阪より京都の方が試合展開が良い説

大阪 vs 京都の試合を観戦してみて気づいたのですが、京都はパス回しが多く、個々の選手がパスをもらうためによく動きます。チームプレーってやつですかね。その結果が数字にも表れていて、京都は2Pシュートの試投数が大阪よりも多いです。一方で、3Pシュートは数と成功率ともに大阪に負けています。あくまで素人感覚のあざりすの印象ですが、京都の方が試合展開が速くて、観ている方は飽きないかなと思いました。これが、大阪エヴェッサから京都ハンナリーズに寝返った理由でもあります。

  大阪エヴェッサ 京都ハンナリーズ
ファール数 411 452
被ファール数 390 414
2Pシュート試投数 987 1026
2Pシュート成功率 45.1% 46.7%
3Pシュート試投数 544 435
3Pシュート成功率 38.1% 34.9%

 

会場周辺のレジャー・観光地について

デートには京都が神ってる説

あざりすが京都に寝返った理由にもなりますが、京都のほうが周辺で楽しめるスポットが格段に多いというのがあります。Bリーグの試合は約2時間なので、デートプラン的には試合観戦にプラスアルファで何か組み合わせたいところ。かといって、USJに行くのも変だし、近くのインフィニティサーキットが面白そうだったけど、2500円以上の費用がかかります。京都なら、以前ブログで紹介したような「京都ハンナリーズ観戦デート」を楽しめ、またそのバリエーションは無限に近いものがあります。

というわけで、大阪エヴェッサと京都ハンナリーズを比較してみました。どのチームを応援するかは、それぞれの好みや地元に左右されることですが、まだ迷っている方もいると思うので、参考になればと思い、まとめさせていただきました。

京都ハンナリーズを応援している方は、下のボタンをポチッとクリックをお願いします。ほかのBリーグ関連ブログも閲覧できます!

にほんブログ村 その他スポーツブログ Bリーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です