胎嚢確認&驚きの結果・・!

高温期24日目、生理予定日より1週間以上経った昨日、今年初のクリニック受診でした。妊娠検査薬で陽性が出てから1週間、すごく長かったです受診するタイミングはあまりよくわかっていませんが、とりあえず確証が欲しくて・・!

先生に生理がまだ来ていない→妊娠検査薬で陽性が出たと伝えると、尿検査を省略で内診を早速始めました。

<内診中の会話>

先生:(エコー画面を指さしながら)「これが胎嚢ね。」

リス:(はぁー。良かったぁ。これが胎嚢か。)

内診を終えて、いったん待機場所へ。名前を呼ばれて再び診察室に戻ると、

<内診後の説明の会話>

先生:「心拍は2週間後ね。」(さらりと一言)

リス:(次は心拍確認までまた長い2週間が始まるのね・・。)

先生:「胎嚢・・2つ見えるね。二卵性双生児かな・・まだ5週目ぐらいだから1つになるかもしれないけどね。10週以上経たないとわからないから。」

リス:(ん?!確かにちゃんと見ると2つある・・!!てか内診中スルーしてたよね?(笑)モニター見ながら2つあるの何も疑問に思わなかった自分も自分やけど多分PCOSで卵胞がいっぱいあるの見慣れてて気づかなかったんだろう(笑)それにしてもまた次回受診までの不安要素が増えたよー。)

帰宅後、胎嚢確認できたのはもちろん嬉しかったけど、全く予想していなかった双子ちゃんの可能性が出てきたことと2つの胎嚢が1つになってしまう可能性もあるということで結構頭がいっぱいに。。ついつい検索魔になってしまいました。

バニシングツインって何?

一番引っかかった、2つの胎嚢のうち1つが消えてしまう可能性があるということ・・これは”バニシングツイン”と言われ、双子を妊娠した人のみが経験することのようです。”バニシングツイン”になる可能性は約10~20%、普通の流産の確立と同等と言われています。二卵性双生児の場合はどちらか一方が子宮に吸収されるだけでもう一方には何の影響もないようです(一卵性双生児だと同じDNAをもつのでどちらもダメになる可能性あり)。よくエコー写真を見ると大きさに違いがあるので、小さい方は消えちゃうのかもしれないな・・という不安。でも2つとも育ってくれることを信じて、毎日私たち夫婦は寝る前にお祈りすることにしましたどうか上手く育ちますように。

取らぬごまアザラシの皮算用

まだ双子になると決まったわけではないのに、ついつい双子が生まれたら・・・と考えては、検索魔になってしまいます。ベビーカーは大きいやつやなぁとか、車が必要やなとか、服はおそろいで、名前は漢字一字は統一するとか。双子の育児の大変さについてもネットには情報が溢れていて、ついそちらにも目がいってしまいます。

とはいえ、妊娠10週目までは双子になると確定したわけではないので、2人が無事に生きていてくれることを願いつつも、取らぬ狸の皮算用(決まってもないのに、あれこれ計画を立てること)はしないように心がけたいものです。

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です