妊活の総括~治療費編~

一応約半年間の妊活を終えたので、気になっていた治療費を計算してみました。クリニックによって診察代等は多少違うとは思いますが、参考になれば幸いです。

*4月末~6月:生理不順がきっかけで通った近くの婦人科での費用。血液検査をした後、クロミッドのみでの治療。

*7月末~12月:不妊治療専門のクリニックに転院。8月~9月は血液検査とクロミッド+プレドニン(+注射もあり)での治療。10~12月はゴナールエフ自己注射を開始し、一気に注射代が増えました。また、9月は卵管造影検査を受けたもののうまくいかず、10月に通水検査も受けることになったため、検査費は多くなってしまったと思います。見事に授かった6周期目の12月の治療費は、3万円でした!

総額をみるとやはりおそろしいですが、少しずつ払えばなんとかなるものだなと思ったり。私の場合は頑固なPCOSで自己注射のゴナールエフを1サイクルで1200単位も消費。タイミング法のみで済んだのでよかったですが、もし上手くいかずに人工授精や体外受精へステップアップするとなると、これに手術代がさらにかかるため比べ物にならないほど高額になっただろうなと思います。

不妊治療はここまでやれば・これだけお金を使えば”ゴール”というわけではないだけに、どこまで治療するかは大きな問題になってきますよね。でも自分達の子供はお金には変えられないので、妊活はすごく大事ですし皆さんにも諦めてほしくはないです!

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です