1ヶ月ぶりの妊婦健診…は無謀だったか⁈

双子妊娠の22w5d、GWもあり久しぶりの健診でした。胎動もあり双子ちゃんは元気そうだし、仕事も休みに入り体は楽になったはず〜なのであまり不安要素はなくエコーを楽しみに病院へ。今回は初めて夫・ごまアザラシも一緒についてきてくれました^^

経腹エコーで双子ちゃんの様子を確認〜今回から推定の体重もわかるようで、逆子になってる上にいる子が580g、下にいる子が530gとまずまずの成長ぶり。ちょうどトランプの絵のような位置づけで真ん中は2人のそれぞれの腕が隣り合わせにある感じ。でもちゃんと仕切りの膜があるのでぶつかることはないようです。今日も2人ともアソコを隠すことなく動いていたので性別の間違いもほぼなさそうですw だんだん大きくなってくると体全体が写らず部分的に見ることになるので、エコー写真を見返してもどの部分かよくわからなくなってきました^^;

続いて内診室でおりものチェックと経膣エコー。ここで先生から「あれ?これはちょっと…」と不安げな声が。。何か問題でも…??

どうやら子宮頸管の長さが前回は4cm以上あったのに、2.4cmと短くなっているようで。。2.5cm以上ないといけないようで切迫早産と言われてしまいました(((o(*゚▽゚*)o))) 即入院もありだが、とりあえず飲み薬で食い止められるか様子みて4日後に再診、また短くなってしまってたら入院決定とのこと。急な展開についていけず、とりあえず何が問題だったんだろうと思い返す。一番の原因は双子だから、と。いずれなる可能性は高くこのタイミングでなってしまっただけだ、と。先生はそう言って、私に責任はないと断言したけど、後になればなるほど歩き過ぎたのが悪かったのかなとか旅行に行ったのがいけなかったのかなとか色々考えてしまって、頭が真っ白になりました。。

とにかく今日から次の受診までは自宅安静。家事ももちろんできないので、翌日から実家へ里帰り。もともと里帰りする予定でしたが、思ってた以上にその時期が早まってしまいました。

週末に夫婦2人で病院のマタニティセミナーにも参加予定でしたが、主治医に相談するとできれば私は行かないほうがいいと。結局、夫・ごまアザラシが一人で参加してくれました。

子宮頸管の長さは薬を使ったところで元に戻すことはできず、いかに短くなってしまったものをこれ以上短くならないように食い止めるか。早産を回避し、どれだけ長い間お腹の中にもたせられるか、それこそが23週手前で切迫早産になってしまった私のこれからの課題であります。双子ちゃんは順調に育ってくれてるのに私のせいで未熟児で生まれちゃったらどうしよう…そう思うだけで申し訳なくて。せっかく早めに産休に入ったのに家事もできず、夫・ごまアザラシに心配かけちゃって申し訳なくて。里帰りが早まり母に全面的に世話してもらわないといけない状況になってしまい迷惑かけて申し訳なくて。そんな申し訳ない気待ちでいっぱいで、診察後から帰宅してしばらくは涙してばかり。。事実を受け入れたくない、どうか間違いであってほしいと変な期待をしてしまう、でも時に冷静になって最悪の事態を想像してみたり、、なんか頭の中がそんなことでぐるぐるしてました。

それから3日間、今までにないほどの安静、というか何もしない日々を送りました^^; 家から一歩も外に出ず、1日3食規則正しく食べ、どんだけ寝るんやーというほど昼寝もがっつりして、まるで力士のようなおデブ真っしぐらな生活です(笑)でも母の全面的なサポートによる安心感と週末に夫・ごまアザラシも実家で一緒に過ごしてくれたこともあり、穏やかな気持ちでいられるようになりました!

ちなみに飲み薬は定番の切迫流・早産治療薬のウテメリン(リトドリン)です。子宮の収縮を抑えます。動悸や手が震えるといった副作用が心配されますが、私は特に問題なく飲めてます。多分点滴で量が増えたりすると出やすくなりそうですが^^;

やっと受診間隔が1ヶ月になった矢先の悲劇…やはり2週間ごとで受診すべきだったと後悔するばかりですが、とにかく今はこの現実を受け止めなければ‼︎

最後に今のお腹の出具合状況をw 出てきてはいるが、まだ双子にしてはそんなに大きくないね~と言われることが多いです。これから一気に大きくなっていくのかな・・

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です