切迫早産で入院―関西の梅雨入り宣言と共に…

26w4d、またまた通院の日がやってきました。嫌がらせのように今日は結構がっつりな雨、関西は今日梅雨入りとなったようです。なんか不吉な予感もするし、ここ2,3日は正直しんどかった。食後に座っていると右脇腹付近がキューッと痛くなり、思わず横になることが続いているのです。。

今日は内診のみ。早速経膣エコーをして先生が一言、「ごめんなさい、入院です。」あぁ…ついにきてしまったか。。

診察室で詳細を聞くと、子宮頸管は20mmと短くなっていると。これは想定内として、それより問題なのは前回まで赤ちゃんの位置が上のほうにいてくれていたのが下にさがってきているということだそう。エコーの見方はよくわからないけど、前回と画像がだいぶ違うことはすぐわかりました。今の状況からして入院は妥当だとすんなり受け入れられました。何かあってからでは遅いですから…。゚(゚´ω`゚)゚。ちょうどお昼ぐらいの診察だったのですが、そのまま病棟へ。早速今まで内服していたウテメリン(リトドリン)を点滴に切りかえ。持続点滴のためまず初めに点滴を入れる作業。埋め込みみたいな感じで先はプラスチックが入っているようです。こわいので見れませんでした^^; ウテメリン2A+5%ブドウ糖(TZ)500mlを20ml/hで投与開始。母子3人分の心拍をとり、モニターで確認しながら張りがないかみていきます。双子だともちろん2人分の心拍をとらないといけないのですが、これが結構難しいようで1人見つかってももう1人がなかなか見つからなかったり、動いて感知しなかったりと看護師さんはかなり苦労してました。。しかも張りが治らず25ml/hへ増量となりモニター終了。長かったぁーー。

これからお世話になる病室に着いたのはなんと15時半!診察後から実に3時間近く経っていました。私がモニターとるのに監禁されている間、診察についてきてくれていた母が昼食の買い出しに行ってくれていたのですが、そんな長時間待たせてしまっていたとは。。空腹を通り越していたけど、とりあえず急いで昼食をとる。結局一日仕事になってしまい、母にはすごく申し訳なかったですが、私にとってはとても心強かったです!

夕食から病院食開始。私は好き嫌いが多いのでこの先不安なのですが、今日のメニューは問題なく食べられました〜。やっぱり病院食は質素な感じですが、栄養面はちゃんと考えられているのでしょう〜思った程悪くはないかな⁈

そうは言いつつ、やっぱり実家の母が毎日作ってくれたご飯とは比べものになりません。母が帰宅後、今日のことを含め、切迫早産と言われ実家に帰ってから今日まで世話してくれたことなどありがとうメールをしたのですが、それに対し母は、久しぶりに一緒に生活できて楽しかった、もう少し長く一緒にいられたらよかったけど、と。迷惑かけてばかりだったので、私は申し訳ない気持ちのほうが強かったけど、母の気持ちを知って、嬉しくて号泣してしまいました。゚(゚´ω`゚)゚。 母の愛は偉大です!私もそんな母親になれるのでしょうか。まだまだ親に頼ってしまっている私ですが、まずはお腹にいる2人がちゃんと成長して生まれてきてくれるようにこの入院を乗り換えなければいけませんね、頑張ります‼︎

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です