6/14 切迫早産―入院生活8日目

点滴切れたアラームで目覚めた朝。今日は妊娠中期の血液検査を控えているため点滴の主体がブドウ糖ではなくキシリトールに変更とのこと。

午後から外来が早めに落ち着いたようで1日早く診察受けられました!今日はもともと妊婦健診の日なので、最初に経腹エコーで双子ちゃんの様子を。2人とも頭位のままいてくれていました。自分目線で左側の子が少し下に位置しているのでAちゃんとカルテに書かれているようです。27w4dでAちゃん1163g、Bちゃん1208g。羊水の量も合わせると1人の場合の臨月並みに相当。2人の体重も羊水の量も問題ないとのこと。そしてここまでくるともう逆子になる心配はないようです。今日は白黒ながら2人の顏も見れて、元気そうで安心し癒されました♪(´ε` )

そして次に問題の内診ですが…子宮頸管は23mm。経過はまずまずでやはり入院時のヤバい状態は回避できているようです〜よかった!先生は昨日の病室の見回りで来てくれた時から点滴の量を減らしてあげたいと言ってくれていて、減らす気満々だったので(笑)現状維持だけど即23ml/h→20ml/hへ減量してくれました^^ まあこれでやっとスタートに戻ったわけですが。。また2日後内診して経過をみるようです。ひとまず今日の診察はショックを受けることなく終了しました!

1週間ぶりに体重を測ると約1.5kg増、totalで+約8kgとなりました。私の場合、入院してからもほぼ毎日完食しているので病院食でどれほど増量したのか不明ですが、順調に増えております。。でも入院してから血圧は低くなったなー。今まで100を切ることがなかったけど、だいたい100前後で10〜20は低くなってる〜これは病院食効果か⁉︎

自分のことでホッとしていると、その夜同室の方に悲劇が。。1週間で頸管が16mm→8mmになり、子宮口も開いてるとのことで急遽明日の朝に転院が決まったと。゚(゚´Д`゚)゚。 双子ちゃんではないけど28週と自分と週数が近いだけにすごくこわくなってしまった。。私も最悪の事態になったら、その方と同じく早く生まれてしまっても後の対処が万全な病院に転院と言われているので…。でもその話題をきっかけに他の同室の人たちとも話ができて、私より頸管が短い状況でも30週を超えていたりするので励みにもなりました。そしてより安静を心がけようと思いました(≧∀≦)

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
ブログランキング参加中です(双子ランキングに飛びます)  

スポンサーリンク

     
  
    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です